【USUMシーズン8シングル使用構築 最高2102】 膝外しと強者の翼をレッツ・ラ・マゼマゼ!

f:id:uecchi1203:20180313145501p:plain

皆さんs8お疲れさまでした!僕は今期大きな目標としていたレート21を達成することが出来たので、その記念に自分が今期使っていた構築を晒上げたいと思います。

 

【構築経緯】

今期の序盤は前期サザンカさんが結果を残したウツロバシャカグヤを自分なりにアレンジして使っていたのですが、ステロ展開は流行りのゲッコウガが辛いのと単純に読まれやすいため解散。代わりにバシャバトンを軸にその取り巻きを考えることにしました。

 

【パンティ紹介】

f:id:uecchi1203:20180313150614j:plain

バシャーモ 意地っ張り@メガストーン ASぶっぱ残りB(DL対策でDのほうが良き)

フレアドライブ 飛び膝蹴り バトンタッチ 守る

この構築の軸。自身もアタッカーとして優秀で苦手な相手が出てきたら加速した状態を後続につなぐ。とびひざは当たらない。

 

f:id:uecchi1203:20180313151147p:plain

霊獣ボルトロス 臆病@デンキz  H220 C36 S252

十万ボルト めざ氷 挑発 悪だくみ

カバマンダや受けループなどをメタる枠でありバシャーモのバトン先。環境にいるカバルドンは飛行に対して打点を持っていることが少ないと考えたため挑発を仕込んで起点にしていこうと考えた。悪だくみを打った後の十万でも火力不足だと感じたため木の実ではなくデンキzを採用した。最速をとっているため、バトンしなくても刺さる相手には十分刺さった。

f:id:uecchi1203:20180313152436j:plain

ゲンガー 臆病@メガストーン H188 S252 D余り

シャドーボール 滅びの歌 道連れ 守る

催眠ではなく滅び型。テンプレの調整。受けループなどのどうしても崩せない構築やイーブイバトンに積極的に選出した。また対オニゴーリなんかにはバシャーモと2メガ選出をすることで勝率を上げていった。バシャバトンを通すことが難しい相手にはいつもこいつが活躍してくれたのでバシャバトンと一番相性のいいメガ枠だと個人的には考えている。

 

f:id:uecchi1203:20180313153714j:plain

カビゴン 意地っ張り@半分回復木の実 H184 A4 B252 D92 S4

やつあたり 地震 鈍い リサイクル

調整は754さんのものをパクりました。ゲッコウガが嫌いすぎて入れた枠。出した時には活躍してくれたがめったに出ない。あと、単純に使いこなせない。絶対別のポケモンに変えたほうがいい。

f:id:uecchi1203:20180313154613j:plain

テッカグヤ 臆病@食べ残し H164 B4 C4 D84 S252

エアスラ 宿り木 身代わり 守る

調整はでんそんさんのをパクりました。ランドの岩石を身代わり確定耐え、アシレのアリアz確定耐えビーストブーストでDが上がるようになっているバシャのバトン先その2

バシャが苦手とするランドやマンダや高耐久水などが出てきたときに加速を受け継いで身代わりを残しつつ相手の後続に宿り木にをいれながら守る身代わり連打で突破する。

こいつの強みは宿り木さえ入れてしまえばタイプ相性関係なく殆どのポケモンを吸い殺せること。例えばドランやガモス、2加速受けっとった状態ならスカーフではないカプコケコなんかも、有利対面で身代わりを残してあげれば上からの宿り木でスリップダメージで強引に突破できる。その反面、カグヤの身代わりを破壊しながら加速できるポケモン(ニトチャリザやバシャ)や身代わりを破壊しながら交代できるボルトチェンジは辛い。また、身代わりが割れた状態のカグヤの守るに合わせての交代されると一気に形勢逆転されるので守る身代わりの択は常に頭を悩ませていた。あと宿り木の回復はこのポケモンにとってはライフラインなので一度の宿り木かわしでいきなり不利になることも少なくなかったので過信は禁物。ただ、バシャの苦手なポケモンは殆どこのポケモンで起点にすることが出来たのでバシャバトンの構築には欠かせない一匹だと思っている。

f:id:uecchi1203:20180313163421p:plain

カプ・レヒレ 控え目@ミズz H44 B12 C212 D4 S236

ハイドロポンプ ムーンフォース こごえる風 瞑想

バトン先その3でもあり、先発にも出せる器用なポケモン。対面性能が高く苦手なミミッキュに勝つことができる。またバシャカバ対面はバシャバトンレヒレが一番安定する(レボルトやカグヤだと欠伸で流されてしまうため)のでバシャで加速させてカバマンダを狩る役割もあった。あと雨パに対してもバシャで2加速してレヒレに繋ぐ動きで大体何とかなった。テッカグヤと合わせればほぼすべてのテンプレゲッコは対策できるので環境に刺さっていると思い採用した。調整は忘れたが、もし使うのであればアゴ4のヘドウェ確定耐えまで振ったほうがこの構築とベストマッチすると思う。

【苦手なポケモン

アーゴヨン:2加速したカグヤがいないときつい

HDマンダ:テッカグヤを過信すると痛い目を見る

リザードン:xyで両対応するのが理想だが両対応できるポケがいない。

高火力水(オニシズクモマリルリ):カグヤでも受けだしが効かず、加速する暇がない

【改善点および立ち回りでの注意点】

xとyどちらのリザードンが来ても倒せるポケモンを用意する。アーゴ4がきついことも考えると耐久振ってる剣の舞ランドなんかがいいかもしれない。また高火力水もきついのでそれに対応できるポケモンも必要である。あとカグヤに繋ぐときはいかにsを2上昇させるかを常に考えながら立ち回る。そして守るや身代わりのタイミングを見計らうことが大事になってくる。

【最後に】

f:id:uecchi1203:20180313172743j:plain

バシャーモにとって向かい風の環境ですが、殴りながら加速してバトンすることはバシャにしかできない芸当なのでバトン構築を煮詰めていきたいと思っています。他にもバトン使ってる方いたら是非とも構築相談させてください。あと構築対戦してくれた方一緒に通話してくれた方ありがとうございました。

 

TN ゆうのしん

TN Rolling days